トップページ浴衣を着る際のポイント

浴衣を着る際のポイント

旅館にある浴衣はいわゆる「寝巻き」ですから、決まった着方はありません。しかし、せっかく着る浴衣はきれいに着たいものです。
ここでは、浴衣をきれいに着る際のポイントをご紹介しますので、温泉や食事と同じように浴衣も楽しみたい方はぜひご参考ください。

自分に合ったサイズを選ぶ

どんなに素敵な洋服でもサイズが合っていなければ、似合っているとはいい難いです。それは浴衣でも同様であり、サイズが大き過ぎたり小さ過ぎたりするのはきれいに着こなすことができません。そのため浴衣をきれいに着たい場合には、自分に合ったサイズを選ぶようにしましょう。サイズが合っていれば着崩れもほとんどありませんから、浴衣姿を楽しめます。

裾はくるぶしが見える程度に

浴衣の裾が長いまま引きずるように着るのは、決してきれいに見える着方とはいえません。また裾を引きずったまま浴衣を着るのは転ぶ恐れがあり、浴衣自体も傷めてしまいます。浴衣は裾がくるぶしの見える程度のサイズを選ぶようにしましょう。小柄な方はなかなか自分の体型にあったサイズを見つけるのが難しいかとおもいます。そんな時にはおはしょりを作って長さを調整することをおすすめします。

浴衣は左前で着る

浴衣だけに限らず、着物では衿の合わせを左前にします。着物を着る機会の減った現代では衿合わせを間違える方も多いので間違える方も珍しくありません。右の衿を前にして合わせることは死者の着方ですので、注意して着付けをしましょう。

アクアイグニスは、日帰りや宿泊で湯の山温泉が楽しめる施設です。アクアイグニスでは湯の山温泉の湯を、内風呂や竹林風呂、そして露天風呂付きのお部屋にてお楽しみいただけます。もちろんお宿では浴衣もご用意していますので、温泉から上がった後は温泉旅館の雰囲気を存分に楽しむことができます。日帰り温泉を楽しみたい、湯の山温泉を楽しむために旅館やホテルを探しているという方は、アクアイグニスでゆったりとした時間をお過ごしください。

PAGE TOP