トップページお子さんと温泉を楽しむ際に気をつけたいこと

お子さんと温泉を楽しむ際に気をつけたいこと

親子で入る温泉は楽しく癒しの時間になりますが、お子さんと温泉に入る際には気をつけていただきたいことがいくつかあります。

トイレはしっかり済ませておく

お子さんの中には浴室や浴槽に入るなり、尿意を催すことがあります。幼稚園以上のお子さんであれば尿意を催しても自分でトイレに行くことができますが、幼稚園以下のお子さんの場合だと尿意を我慢できずに浴室や浴槽内で…ということも考えられます。そうならないためにも、お子さんと温泉に入る際はトイレをしっかり済ませておくようにしましょう。

入浴時間は短めに

温泉は、大人でも入浴時間が長いと身体に負担がかかりますから、子どもの身体にかかる負担はさらに大きなものになると予想されます。
疲れるだけならまだしも、お子さんの場合は体調を崩すことも考えられます。そうなると、楽しい温泉が台無しになってしまいます。そのためお子さんと温泉に入る際の入浴時間は短めに設定しておきましょう。

絶対に目を離さない

子どもは目新しい場所へ行くと、どうしてもはしゃいでしまいます。中には浴室を走ったり、浴槽へ飛び込んだりする子もいるかもしれません。
しかし浴室の床は滑りやすいですし、子どもにとっては浴槽が深い場合もあり、走ったり飛び込んだりすると怪我をする危険があります。子どもの安全のためにも温泉に入る際は絶対に目を離さないことが大切です。

三重にあるアクアイグニスは、親子で楽しめる温泉施設です。温泉は加水・加温・循環・添加物一切なしの湯となっています。
またアクアイグニスのお宿には露天風呂付きのお部屋もご用意していますので、小さな子どもと一緒に温泉や銭湯に入るのは気を使うという方でも、気兼ねなくお楽しみいただけます。大浴場でもおむつをご使用のお子さんのためにベビーバスをご用意しており、ご宿泊だけでなく日帰りでも楽しむことができます。親子で楽しめる温泉施設や旅館をお探しなら、アクアイグニスをご利用ください。

PAGE TOP